mocalog モカログ

村上市、胎内市、岩船郡の「限定」情報サイト

特集記事

ピックアップショップ 〜村上市内に2022,6,18(土)オープン! 観光ブルーベリー園 たかのファーム

出かける

村上市神林

2022年のブルーベリーの摘み取りは6/18(土)オープン!
こだわりのコンテナ栽培で育ったブルーベリーは、甘くて大粒でジューシー! <観光ブルーベリー園 たかのファーム>




観光ブルーベリー園 たかのファームでは、サザンハイブッシュ系やノーザンハイブッシュ系、ラビットアイなど20品種のブルーベリーがコンテナで栽培されています。
品種によって順番に次々と熟していくため、長い期間にわたり新鮮でみずみずしい果実を味わうことができます。
今年は花付きも良く、実りがとても良いとのこと。最初に実るオニールという品種は、甘くておいしい果実です。


オザクブルー
花が落ちて実がなります。品種によって、白とピンクの花が咲きます。


サンシャインブルー


スパルタン

通路が広く、立ったままでも楽に摘み取れる高さが魅力。地面にシートが敷いてあるので、草が生えてくることもなく、お子さんや年配の方でも歩きやすくなっています。
ジューシーなブルーベリーの食べ放題のほか、自分で摘み取って持ち帰ることができます。
また、ブルーベリーの苗木も販売しています。

観光ブルーベリー園ということで、生食向けに皮が薄くて甘いブルーベリーの品種を多く栽培しています。
品種によっても味が異なりますので、味の違いを実際に食べ比べることができますよ。

生食用のブルーベリーだけでなく、ジャムに向いているヌイという大粒で酸味のある品種もあります。

コンテナで栽培することで、早く収穫することができ、地植えにするよりも管理の手間が減らせるのがそうです。

おいしそうなブルーベリーですね。
お子さんと一緒に大粒のブルーベリーを探してみるのも楽しいですよ。

木の管理として、摘み終わってから7~10日以内に枝を落とす作業を行います(2年に1回)。
各コンテナの育ちを見ながら、来年の芽を育てるために枝を切り、管理しています。




たかのファーム代表 高野さん
「地元の方に、生のおいしいブルーベリーを食べてもらいたい」と高野さん。

品質の良いブルーベリーを育てるために、春の剪定や鳥からの防除、肥料や水やりなどの管理をしています。
こだわりのブルーベリーを、ぜひ食べてみてください。


料金

  • 入園料 800円(食べ放題:60分)
  • 摘み取り料  100gにつき 200円

※すべて税込

※なくなり次第閉園の場合があります。
※開園期間:8月お盆頃まで。

 

INFO

観光ブルーベリー園 たかのファーム ▶地図はこちら

営業時間:9:00〜16:00
住所:村上市小岩内中野堂1920
電話:090-2492-2025
休園日:天候の都合により、不定休


(この記事は2022/05/10時点の情報です。現時点の情報と異なる場合がありますので、予めご了承下さい。)

 

PAGE TOP↑